ファッション

“ゴルフ=おじさん”のイメージを打ち砕く ファッション&カルチャー視点の新ゴルフ雑誌「ボギー」創刊

 オークラ出版は、ゴルフ雑誌「ボギー(BOGEY)」を6月15日に創刊した。エディトリアル・ディレクターは雑誌「ヒュージ(HUGE)」(講談社)や「ポパイ(POPEYE)」(マガジンハウス)などを編集してきた田口悟史が、クリエイティブ・ディレクターは「ポパイ」のアートディレクションを手掛けている神戸太郎が務める。ゴルフに関連するファッションやカルチャーをはじめ、歴史や酒、本、映画など、さまざまな切り口でゴルフの魅力や楽しみ方を発信する。雑誌名には、ゴルフ初心者や未経験者に向けて「ボギーだって楽しいじゃないか」というメッセージが込められている。

 自身もゴルフ初心者である田口エディトリアル・ディレクターは、「海外にはおしゃれで品のいいゴルフ雑誌はあるのに、日本では高い年齢層向けの雑誌やメディアばかり。ゴルフに興味を持つ若い世代は増えているので、そんな人たちも楽しめるファッションやカルチャー、着眼点で新機軸のゴルフ雑誌を作れば勝負できると思った」と語る。

 表紙には世界ゴルフ殿堂入りを果たした名ゴルファーの青木功を起用し、16ページにわたって同氏のポートレートやインタビューが掲載されている。ほかにもファッションストーリーやアパレルとギアのカタログ、名選手たちの名言や逸話の紹介など、上級者からプレーしない読者まで楽しめる企画が並ぶ。

 価格は1400円(税抜)で、年2回の発行予定。全国の書店やオンライン書店で販売している。東京の代官山 蔦屋書店では7月5日まで創刊を記念したポップアップを開催しており、オリジナルのポロシャツやTシャツ、キャップ、ビールグラスなどをそろえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら