ファッション

「ウィメンズヘルス」と「メンズヘルス」がチャリティーフィットネスイベント開催 フィットネス従事者らを支援

 ハースト婦人画報社が発行するフィットネスを柱としたライフスタイルメディア「ウィメンズヘルス(WOMEN’S HEALTH)」と男性版フィットネスメディア「メンズヘルス(MEN’S HEALTH)」は、米国のオンラインフィットネスプラットフォームのマインドボディ(MINDBODY)の協力のもとに24時間フィットネスチャリティーイベント「リレーフォーリリーフ(RELAY FOR RELIEF)」を開催する。

 「リレーフォーリリーフ」は5月15日20時(日本時間)にスタートし、翌16日までの24時間にわたって、世界中のフィットネストレーナーがリレー形式でバーチャルクラスを提供していくプログラム。参加費は1クラス30分につき約1060円(10ドル)で、集まった参加費は全て新型コロナウイルスで経済的に困難な状況にあるフィットネススタジオやトレーナーの支援と、チャリティー団体ユナイテッド・ウェイ・ワールドワイド(United Way Worldwide)の新型コロナウイルスコミュニティー対応援助資金として寄付する。

 日本からはクロスフィットトレーナーのAYAが参加し、5月16日18時から「アヤズ ブートキャンプ(AYA'S BOOT CAMP)」と題したプログラムを提供する。そのほか世界のトレーナーたちによるパワーヨガやトレイシー・アンダーソンメソッド、マットピラティス、ボクシングエクササイズ、モビリティストレッチ、自重トレーニング、ダンスカーディオ、ファンクショナルトレーニング、忍者ワークアウト、ヴィンヤサフロー、メディテーションなどさまざまなプログラムがそろう。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら