ファッション

ハーストが発行媒体の一部を無料公開 新型コロナで増える自宅滞在時間の充実化

 ハースト婦人画報社は、発行雑誌の電子版の中から、編集部おすすめの号を無料公開するキャンペーン「おうち時間充実キャンペーン」を開始した。期間は4月30日まで。同社が運営している電子雑誌閲覧サービスの「マガジンクラウド」で、ID「#hearst」とパスワード「ouchi2020」を入力することで「エル・ジャポン(ELLE JAPON)」2020年2月号や「婦人画報」19年3月号、「メンズクラブ(MEN'S CLUB)」20年1月号など、全8媒体、18誌を無料で閲覧できる。

 同キャンペーンは、新型コロナウイルスの影響で外出の機会が減る中で、自宅で過ごす時間を充実させたいという思いからスタートした。現在無料公開中のものは、ライフスタイルを豊かにするため、“食”と“住”に関する情報に焦点を当てており、今後も第2弾のキャンペーンも予定しているという。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら