フォーカス

戦略の時代に突入したインスタグラム 運用テクをインフルエンサーに直撃 Karen Kageyama編

 「WWDジャパン」の3月23日号では、インスタグラムを特集した。単なるSNSではなく、「モノを売る場」や「検索の場」となっているインスタグラムの攻略術を担当役員への取材やSNSのプロフェッショナルによる座談会、アパレル企業へのアンケート調査などから探った。本記事では特集内で行ったインフルエンサーたちへのアンケート調査の回答をピックアップ。認知度がほぼない状態から、インスタグラムを駆使してインフルエンサーとして活動するに至った人物たちに、普段使うアプリや投稿で意識しているテクニック、月々の企業案件数などを聞いた。第一弾は、Karen Kageyamaさんだ。

WWD:現在の職業と、普段のインスタグラムの投稿内容を教えてください。

Karen Kageyama(以下、Kageyama):フリーランスでブランドプロモーションや広告クリエイティブに携わる仕事をしています。インスタグラムではプチプラミックスのファッションをメインに投稿しており、前職のウェブデザイン会社などで学んだデザインスキルを活用しながら製作しています。

WWD:投稿頻度はどの程度ですか?

Kageyama:週5程度です。

WWD:インスタグラムで戦略を立てる際に重要だと言われているインサイト(クリエイターやビジネスアカウントに切り替えることで見ることができる投稿分析機能)で重視している項目は?

Kageyama:保存数を一番に、次にインプレッションを重視しています。自分自身というよりは世界観やファッションを見てもらいたいと思っているので、自分の発信したものが見た人にどれだけ刺さったか、参考にしてもらえたかの反応をチェッックして次の投稿内容のプランニングに活かしてます。

WWD:投稿の際に画像加工などで使用するアプリはありますか?

Kageyama:投稿写真はadobe lightroomがメインで、簡易なものはVSCOのフィルターを使用しています。コラージュ写真もよく投稿しますがその際はPhotoshop、動画(IGTV含む)はPremier Proを使用しています。

WWD:写真撮影時に使う機材などはありますか?

Kageyama:日常的な投稿は基本的にIphone 11 proです。シーンや内容に合わせてキャノン(CANON)の KissMやゴープロ(GOPRO)を使うこともあります。

WWD:写真の画角やハッシュタグの付け方などで、投稿の際に意識している細かいテクニックはありますか?

Kageyama:年上の方も多く見ていただいているので、撮影の際は幅広い年齢の方が参考にしていただけるように服がメインに、あまり顔に目がいかない写し方を心がけています。

WWD:これまでに最もバズった投稿はありますか?

Kageyama:「ユニクロ(UNIQLO)」の新作ジーンズの投稿です。インプレッション数が50万を超え、インスタグラムはもちろん、別SNS、別メディアでも多く取り上げていただきました。(展示会での写真ですがPRでもなんでもなかった投稿です)

WWD:企業案件は1カ月にどの程度来ますか?また、月にどの程度受けていますか?

Kageyama:10~20件ほどご連絡はいただきますが、普段働いている身なので自分の得意な分野で興味もてたもののみお受けしており、3、4件ほどになります。また、よくしていただいているブランド様の商品を使ったコーディネートは個人的にプッシュして発信していますが依頼を受けたものではありません。

WWD:企業案件の1投稿当たりの報酬について、これまでと現在で金額に変化はありますか?

Kageyama:商品の価値やブランドによって選ばせていただいていて、昔からピンキリですが、3年前と比べると最低単価は上がったように思います。

WWD:インスタグラムに関して、外部支援(コンサルティングやセミナー登壇など)を行っていますか?

Kageyama:はい。      

WWD:外部支援の依頼は、最近増えていますか?

Kageyama:裏方のコンサルやPR関連のお仕事は本職ともつながりがあるため、インスタグラムを通してお声がけいただくことが最近はより増えてきました。セミナーやインスタライブ出演などの依頼も受けたことはないのですが、お声かけいただく機会は増えています。

WWD:インフルエンサーとして、今後描いているキャリアプランはありますか?

Kageyama:ファッションやデザイン関連で、より発信コンテンツの独自性とクオリティーアップを目指しつつ、活動の幅を広げられればと思います。最近はYoutubeもはじめ、動画を使った表現にも力を入れています。

WWD:現在活用しているインスタグラムの機能は?

Kageyama:保存機能です。参考にしている海外インフルエンサーやブランドの投稿をピンタレスト(PINTEREST)形式で分類しながらまとめています。

WWD:今後活用していきたいインスタグラムの機能はありますか?

Kageyama:IGTVです。動画に力を入れていきたいので、通常投稿と差別化した新しいコンテンツ発信をしていきたいです!