ファッション

ヒューゴ ボスがマスクと防護服を生産 新型コロナの感染拡大防止を支援

 ヒューゴ ボス(HUGO BOSS)は新型コロナウイルスの感染拡大防止の支援として、フェイスマスクと防護服の生産および寄付を開始した。

 ドイツ本社の敷地内にある工場ではすでにマスクの生産が開始されており、これまでに18万枚を生産している。現在は製作施設だけでなく、オフィスの会議室なども活用しながらさらに生産を加速させている。防護服は試作品が完成し、今後本格的な生産に入る予定だ。数量は未定。

 マスクと防護服は数週間以内に、ヨーロッパを皮切りに福祉施設などの公的施設に寄付される予定で、生産量次第では寄付の対象地域を拡大させていくという。

新型コロナウイルスの最新記事はこちらから

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら