ファッション

レナウンが最終赤字67億円 2月期は暖冬、増税で重衣料が売れず

 レナウンの2019年12月期は、営業損益が79億円の赤字、純損益が67億円の赤字だった。同社は今期から決算期を2月期から12月期に変更。そのため10カ月間の変則決算での比較になるが、赤字幅は19年2月期(営業損益19億円、純損益39億円)と比較してさらに拡大した。

 売上高は502億円。昨年10月の消費増税と暖冬の影響でコートなど重衣料が売れず、「ダーバン(D’URBAN)」「アクアスキュータム(AQUASCUTUM)」など主力の百貨店ブランドが不振だった。親会社山東如意のグループ会社・恒成国際発展有限公司への売掛金の回収が滞ったことにより、53億円の貸倒金引当金を計上したため、販管費がはね上がった。

 2020年12月期の業績予想は、売上高590億円、営業利益1億円を見込む。不採算・低効率の売り場や取引形態、販売状況を踏まえて仕入れを見直すことで、プロパー(正価)販売比率の向上や在庫適正化に取り組む。浮いた資金を、基幹ブランドの立て直し、eコマースやスーツレンタルの「着るダケ」などサブスクサービスの強化に振り向ける。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら