ファッション

「ポーター」の人気バッグがアップデート エコーレザー社開発の紙のように薄く軽いレザーを使用

 創業85周年を迎える吉田カバンの「ポーター(PORTER)」は今夏、ブランドの人気シリーズ“フリースタイル”をアップデートした商品を発売する。日本のバッグブランドとして初めてエコーレザー(ECCO LEATHER)が開発した“ダイニーマ ボンディッド レザー(Dyneema Bonded Leather)”を採用した。3月9日まで「ポーター」表参道店で展示する。

 同商品は“リアルなレザーをもっと軽く、扱いやすく”をコンセプトに、レザー製品をより気軽に楽しんでほしいという両社の考えから生まれた。“ダイニーマ ボンディッド レザー”は“ダイニーマ”と牛革をボンディング加工し、鉄の15倍といわれる強度と水に浮く軽さを持たせた。軽量性、耐久性、快適性を備え、紙のように薄く軽いレザーだ。“フリースタイル”の中でも人気の2ウエイ・ボストンバッグやショルダーバッグ、ウオレットなど9型、各3色をラインアップする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。