ファッション

村上隆と「ポーター」のコラボ第2弾 即完売の“お花”タンカーにブラックが登場

 現代アーティストの村上隆と吉田カバンの「ポーター(PORTER)」は、第2弾のコラボレーションバッグを12月6日から順次販売する。吉田カバンの公式オンランストアや「ポーター」直営店を皮切りに、7日にはカイカイキキの運営するスーベニアショップ「トナリ ノ ジンガロ(Tonari no Zingaro)」で取り扱う。

 コラボバッグは、1983年に誕生した「ポーター」の代名詞“タンカー(TANKER)”をベースに、村上の代表的なアート“お花”を組み合わせたリュックサック(12万円)、2ウエイヘルメットバッグ(11万円)、ウエストバッグ(8万円)の全3型を用意する。全バッグに“お花”のぬいぐるみが付属しており、着脱も可能だ。また、表地の一部には“お花”を同色の刺しゅうで施して、裏地と付属する巾着ポーチには“お花”がプリントされている。そのほか金具類は、光沢を出すために丁寧にメッキ加工を施したパーツを用い、ファスナーにはYKKの“エクセラ”を採用している。

 第1弾のコラボバッグは、いまだに問い合わせが途絶えないほど好評で、今回の第2弾も注文殺到が予想される。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら