ファッション

「ヘッド・ポーター」後継ブランド「ラミダス」が「フラグメント」とコラボ オレンジとブルーのトートバッグ

 「ヘッド・ポーター(HEAD PORTER)」の後継ブランドとして昨年10月にスタートした「ラミダス(RAMIDUS)」は1月25日、藤原ヒロシが主宰する「フラグメント デザイン(FRAGMENT DESIGN)」とのコラボレーションアイテムを発売する。オンラインストアでの販売は27日から。

 大胆なプリントを施したトートバッグは、定番カラーを外したオレンジとサックスブルーの2色展開。テントなどに使用される軽量なポリエステル・キャンバスにコーティングを施して耐久性を持たせた。持ち手の2つのハンドルがつながっているように見えるデザインで、さまざまな使い方が可能だ。価格はLサイズが8000円、Mサイズが6500円。

 「ラミダス」は「ヘッド・ポーター」が昨年9月に終了したことを受け、新ブランドとして設立されたバッグブランド。10月には原宿店の跡地に1号店をオープンした。「ヘッド・ポーター」は吉田カバンが製造を手掛け、藤原ヒロシがデザインエッセンスを加えることで、高い品質と機能性、洗練されたデザインを兼ね備えたバッグを打ち出してきた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら