ファッション

「レッド・ウィング」 × 「フラグメント」 90年代に藤原ヒロシがカスタムメークしたブーツを再現

 「レッド・ウィング(RED WING)」は、藤原ヒロシが主宰する「フラグメント デザイン(FRAGMENT DESIGN)」とのコラボブーツを発売した。

 ブーツは全2型。藤原が1990年代中頃にカスタムメークした“#8176”に近いモデルを再現し、アッパーにブラッククロームレザーを、ソールにはホワイトのトラクション・トレッド・ソールを採用したほか、エッジのストームウェルト部分はブラックに変更して製作したモックトウブーツ(4万5000円)とラウンドトウブーツ(4万1000円)をそろえる。さらに、アッパーのサイドに“RED WING”と“FRAGMENT”のダブルネームを刻印し、右足のタン裏部分には“#8176”に付属するアイリッシュセッタータグとフラグメントのタグを施した。「レッド・ウィング」がアッパーのサイド部分にブランドネームを併記するのは今回が初めて。

 藤原は当時、ブラックの「ビブラム(VIBRAM)」ソールのみで発売していたモックトウブーツをホワイトのソールにカスタムメークして雑誌で紹介した。その影響を受けて「レッド・ウィング」に問い合わせが殺到し、日本別注企画として“#8179”が誕生した。誕生後、「レッド・ウィング」のベストセラー製品として今なお人気を保っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら