ファッション

レッド・ウィング・ジャパンの鈴木社長が退任

 レッド・ウィング・ジャパンの鈴木理也社長が、3月31日付で同職を退いた。後任にはサラ・エリクソン(Sarah Erickson)=レッド・ウィング執行役員兼レッド・ウィング・ジャパン非常勤代表取締役が就任した。エリクソン氏は米国在住で、「当面の間、日本国内に取締役が不在となる」という。

 「レッド・ウィング(RED WING)」は1905年創業の米国のワークブーツブランド。“アイリッシュセッター”の愛称で知られる“877”は、90年代に起きたアメカジブームの代表的アイテムの一つで、木村拓哉や藤原ヒロシが履いたことで、続く裏原宿ブームでも人気が継続した。2010年代には、イタリア・フィレンツェで開催される世界最大級のメンズウエアの祭典「ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO)」の来場者らが履いたことで再燃した。

 レッド・ウィング・ジャパンは、ミネソタ州に本社を置くレッド・ウィング社の100%子会社。設立は05年で、鈴木氏は創業社長だった。今後、鈴木氏は「フリーランスの立場でブーツにまつわるコンサルタント業や文筆業を行う」という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら