ファッション

「パグメント」がサッカー雑誌「シュウキュウ マガジン」とコラボTシャツを発売

 ファッションレーベル「パグメント(PUGMENT)」がフットボールカルチャーマガジン「シュウキュウ マガジン(SHUKYU Magazine)」とのコラボレーションアイテムを発売した。コラボアイテムはTシャツ3型で価格は各4500円。Tシャツの背中にはJリーグの歴史に残る名ゴールと言われるボールの軌跡が描かれ、胸に試合の日付けがプリントされている。コラボレーションは「シュウキュウ マガジン」最新号である7号の発売に合わせたもの。

 同誌の最新号のテーマは“Jリーグ”で価格は1600円。今シーズンは大物外国人選手の加入などもあって、開幕から大きな盛り上がりを見せており、その中心にいる元スペイン代表のダビド・ビジャ(David Villa)やルーカス・ポドルスキ(Lukas Podolski)などの選手、チェアマンの村井満らが現在のJリーグについて語る。

 サッカークラブとしては珍しいクリエイティブ部門を新たに設けたチームも紹介する。「北海道コンサドーレ札幌」は相澤陽介「ホワイトマウンテニアリング(WHITE MOUNTAINEERING)」デザイナーが、「東京ヴェルディ」は熊本浩史アマダナ(AMADANA)社長がそれぞれのクラブチームのクリエイティブ・ディレクターに就任しており、誌面では活動内容などを掘り下げる。

 サッカーにおけるウェルビーイングや社会的価値、地域密着、指導方法といったテーマを、リーグとクラブの関係者やサポーターのほか、デザイナーや建築家、学者などさまざまな職種の関係者が語る。

 また、最新号に合わせてTシャツやキャップ、ソックスなどのオリジナルグッズの新作も販売する。同誌定番の刺しゅうTシャツやJ3の「いわてグルージャ盛岡」などとのコラボグッズもあり、いずれも同誌のウェブサイトを通じて入手することができる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら