ファッション

パリコレ開幕 新型コロナウイルスの影響を感じない平穏なムードでスタート

 2020-21年秋冬パリ・ファッション・ウイークが、2月24日夕方に開幕した。初日は今季も黒河内真衣子による「マメ(MAME KUROGOUCHI)」をトップバッターに、韓国の「キムへキム(KIMHEKIM)」、昨年度のLVMHプライズでファイナリストまで残ったナイジェリアの「ケネス イズ(KENNETH IZE)」という国際色豊かな未来のホープたちが新作を披露。新型コロナウイルスの影響により出張を取りやめたバイヤーやメディアもいたため、日本をはじめアジアからの来場者はいつもよりは少なめだったが、全体的にマスクをしたり、差別的な行動をとったりする来場者はほぼおらず、平穏なムードでスタートした。また、夜にはクリスチャン・ルブタン(Christian Louboutin)が移民史博物館で催す大規模展覧会のオープニングイベントを開催。世界中から集まった多くの関係者でにぎわいを見せた。

 18日から開かれたミラノ・ファッション・ウイークでは、イタリア国内での新型コロナの急激な感染拡大を受けて、23日に「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」が無観客でショーを行なった他、「モンクレール(MONCLER)」も同日予定していた「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」の一般公開イベントを中止。最終日の24日にも「アツシ ナカシマ(ATSUSHI NAKASHIMA)」と「アレクサンドラ ムーラ(ALEXANDRA MOURA)」がショーの中止を余儀なくされた。一方、パリコレは現在のところ、中国ブランドが参加を見送ったことといくつかのブランドでPRの渡航がキャンセルになったことを除き、3月3日までスケジュール通りに開催される予定だ。

JUN YABUNO:1986年大阪生まれ。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、「WWDジャパン」の編集記者として、ヨーロッパのファッション・ウィークの取材をはじめ、デザイナーズブランドやバッグ、インポーター、新人発掘などの分野を担当。2017年9月ベルリンに拠点を移し、フリーランスでファッションとライフスタイル関連の記事執筆や翻訳を手掛ける。「Yahoo!ニュース 個人」のオーサーも務める。20年2月からWWDジャパン欧州通信員

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら