ファッション

ミラノ・コレクション最終日の全ショーを中止 新型コロナの影響で日本ブランドも急きょ対応

 ミラノ・ファッション・ウイーク(以下、MFW)を主催するイタリア・ファッション協会は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響から2月24日(イタリア・ミラノ現地時間)のMFW最終日に開催を予定していたファッションショーを中止した。午前9時30分の「アツシ ナカシマ(ATSUSHI NAKASHIMA)」と、 午前10時30分の「アレクサンドラ ムーラ(ALEXANDRA MOURA)」がそれぞれのショーの開催を見送った。

 昨日23日の発表では、同日の「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」の無観客でのファッションショー開催の対応を受けて、「アツシ ナカシマ」と「アレクサンドラ ムーラ」もライブ配信を行う予定だったが、急きょ無観客ショーの開催も中止することが決まった。国がMFWに対して、24日以降のイベント中止を指示したことによる決定だ。

 イタリアの地元メディアによると23日までに、新型コロナウイルスのイタリアでの感染者数は160人を超え、4人の死亡が確認されているという。ミラノがある北部のロンバルディア州では、複数の自治体が封鎖され、学校が休校になっている。スーパーマーケットの一部では、品不足を恐れる一部住民が食料品や日用品を買い込んでいる。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら