ビジネス

育みたいインクルーシブ・デザイン

有料会員限定記事

 一記者として追い続けているインクルージョン(包摂・包括性)が、学ぶべき社会的価値や取り入れるべき組織論のみならず、ファッションにとって一番大事な、楽しめるデザイン面にも広がり始めた。(この記事はWWDジャパン2020年2月17日号からの抜粋です)

 私にインクルージョンとダイバーシティー(多様性)という価値観を教えてくれたアメリカ企業PVHコープのジャパン社、PVHジャパンはこの春、「トミー ヒルフィガー」の「インクルーシブ・デザイン」ライン“トミー ヒルフィガー アダプション(以下、アダプション)”のEC販売をスタートする。「アダプション」とは日本語で、「適合・適応」の意味。「トミー ヒルフィガー」のデザインを、障害者や高齢者に適応させたラインで、本国では2016年春に発売した。かつては音楽とファッションを融合し、今はコラボラインを作るゼンデイヤやルイス・ハミルトンに代表されるように、人種の壁さえ超越するトミーには、自閉症の子どもがいるという。

この続きを読むには…
残り1741⽂字, 画像2枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら