ビジネス

育みたいインクルーシブ・デザイン

有料会員限定記事

 一記者として追い続けているインクルージョン(包摂・包括性)が、学ぶべき社会的価値や取り入れるべき組織論のみならず、ファッションにとって一番大事な、楽しめるデザイン面にも広がり始めた。(この記事はWWDジャパン2020年2月17日号からの抜粋です)

 私にインクルージョンとダイバーシティー(多様性)という価値観を教えてくれたアメリカ企業PVHコープのジャパン社、PVHジャパンはこの春、「トミー ヒルフィガー」の「インクルーシブ・デザイン」ライン“トミー ヒルフィガー アダプション(以下、アダプション)”のEC販売をスタートする。「アダプション」とは日本語で、「適合・適応」の意味。「トミー ヒルフィガー」のデザインを、障害者や高齢者に適応させたラインで、本国では2016年春に発売した。かつては音楽とファッションを融合し、今はコラボラインを作るゼンデイヤやルイス・ハミルトンに代表されるように、人種の壁さえ超越するトミーには、自閉症の子どもがいるという。

この続きを読むには…
残り1741⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら