ファッション

立ち上げ5年で売上高30億円の「アメリ」 デザインと経営を両立するウィメンズ市場の注目株【ネクストリーダー2020】

有料会員限定記事

 「WWDジャパン」は、ファッション界の次世代を担う人に光を当てた企画「ネクストリーダー」を実施している。今回で3回目を迎えた同企画の対象者は、ファッションビジネスに関わるあらゆる分野の若きリーダーたち。情熱と才能を持ち、強い信念で前へ進むネクストリーダー10組を紹介する。

 黒石奈央子ビーストーン最高経営責任者(CEO)は、20~30代女性を中心に人気のブランド「アメリ」や、それを扱うショップ「アメリヴィンテージ」を手掛けている。SNSでの発信が強みの1つであるため流行りのD2Cブランドの1つとして見られることもあるが、2019年7月期の売上高は30億円、社員40人、実店舗3店と、よくある“インフルエンサーのブランド”とは一線を画す規模に育っている。

WWD:大学時代の販売員のアルバイトを経て、先輩のブランドの立ち上げに誘われる形でアパレルメーカーに入社した。そこから独立した経緯は?

黒石:23~24歳で前職に入社した当時から、28歳をターニングポイントにすると決めていた。VMDとして働いていたが、いわゆる“ギャル”ブランドだったので年齢を重ねると続けづらい。かといって、ハイブランドでVMDがしたいというわけでもない。楽しかったけれど、28歳に近付くにつれモヤモヤする部分があった。そんなときに知り合った人と、「おしゃれなビンテージショップをやろう」と盛り上がったのが事業を始めたきっかけだ。店やブランドを出すのがずっと夢だったというわけじゃない。夢が明確にある人は強いし、うらやましいなとも思うけど、私は手探りの中でその時々で縁がつながってきた。だからこそ、自分がやってきたことの全てが今に生きていると思う。

この続きを読むには…
残り3285⽂字, 画像1枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら