ファッション

「アメリ」がNFTアートを7月1日に発売 アバター用バーチャルドレスも付与

 ファッションブランドの「アメリ(AMERI)」や、ショップ「アメリ ヴィンテージ(AMERI VINTAGE)」を運営するビーストーン(黒石奈央子CEO)は、“NFTデジタルオートクチュール”と呼ぶNFTアートをオークション形式で販売する。仮想通貨イーサリアム(Ethereum、ETH)を利用したNFTのマーケットプレイス、オープンシー(OpenSea)上で公開し、入札期間は7月1〜3日を予定している。

 デジタルクリエイティブスタジオ、ワンブロック(1BLOCK)を運営する1SEC(宮地洋州CEO)がプロデュースしている。当初は2021年10月にオークション形式で公開する予定だったが、制作の遅れなどで公開が後ろ倒しになっていた。

 発表する3Dアニメーションには3型のバーチャルドレスが登場し、自然や生命、人が作り出すテクノロジーなどを主題にした4つのシーンで1つの物語を構成する。バーチャルモデルが美術館を舞台にランウエイショーのように歩いてくる作りで、美術館に展示されているアートも「アメリ」がこれまで企画してきたプリント柄になっているという。

 落札者はこのアニメーションを1点物のNFTアートとして保有できると共に、バーチャル空間でアバターが着用できるバーチャルドレスも追って落札者に付与される予定という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら