ビューティ

ファーメンステーションがBコープ認証取得 国内スタートアップ、ビューティ関連で初

 発酵技術で循環型社会の構築を目指す研究開発型スタートアップのファーメンステーションはこのほど、環境や社会に対する透明性や説明責任などにおいて高い基準を満たした企業に与えられる「Bコーポレーション(以下、Bコープ)認証」を取得した。国内のスタートアップ企業(経済産業省認定J-Startup企業)として初めてのほか、日本のビューティ企業関連でも初となる。

 同社は2009年に創業。岩手県奥州市に研究開発拠点兼自社工場を有す。「Fermenting a Renewable Society」をパーパスに掲げ、規格外の農産物や食品・飲料の残さなど通常捨てられてしまうものを独自の技術で発酵し、化粧品原料となるアップサイクルエタノールを開発する。また、発酵の過程で生まれる発酵粕も化粧品の原料や鶏や牛の飼料として活用し、さらに鶏糞は水田や畑の肥料にするなど、サーキュラーエコノミーを実現する。

 「Bコープ認証を取得したことで、自分たちの活動のベクトルの確からしさを客観的な視点でも測ることができた」と同社。3年ごとに再審査があるため、「グローバルスタンダードに向き合い、客観的な指標と定点的なチェックを提供する制度として、私たちの事業活動や経営を律する良い手段だと考えている。当社が得意とするのは発酵の技術で未利用資源を価値あるものに変えていくこと。先頭に立って循環する社会の実現、インパクトの創出にひた走っていく!」と酒井里奈ファーメンステーション社長は述べた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら