ファッション

仮想通貨ガチ初心者がNFTゲーム「ステップン」に挑戦 30万突っ込んでみた結果は?

 仮想通貨とかNFTとか、最近耳にタコができるほど聞く。それでも「あれはまだまだ港区おじさんのものだから、僕には関係ないなぁ」なんて思ってた。それがどうだ。この1カ月で、まんまと沼にハマってしまった。その原因が、歩いて稼ぐNFTゲーム「ステップン(STEPN)」である。「歩けば必ず稼げる」と言われ、それはひと月で200万円とも2000万円とも。それで今僕は、雨の日も風の日も毎日歩いている。これは仮想通貨もNFTも“初心者”の僕によるリポート。だから、ここに書いてある情報は鵜呑みにせず、気になることは検索してほしい。でもこれだけは忘れないで。あくまでも“ご利用は計画的に”。レッツウオーキング!(この記事は「WWDJAPAN」6月13日号からの抜粋です)

「ステップン」とは何か?ルールをおさらい

まずはスニーカーを入手!
 歩くには、スニーカーをアプリ内で買うか、もしくは既に「ステップン」をやっている人からもらう必要がある。これが俗に言うNFTだ。なのに、デザインがダサい、ダサ過ぎる。スニーカーは(当時)安くても10数万〜上はウン千万円(レア度によって異なる)なので、お財布と相談しながら決めて欲しい。ポイントは能力値の「Efficiency(効率)」と「Resilience(回復力)」の高いスニーカーを選ぶこと。

仮想通貨をなんとなく覚える
 「ステップン」内のやりとりは「GST」「GMT」「SOL」といった仮想通貨(トークン)なので、覚悟しておくこと。なんてたって、乱気流ぐらい不安定。で、まずは取引所が違うので、イーサリアムを買ってSOLに変換。そして、「バイナンス」か「ソラナ」のどちらかのチェーンを選ぶのだ。チェーンで価値が違うため、バイナンスの方がソラナの3〜4倍高い。初心者はソラナでいいかも。

とにかく歩く!
 スニーカーを手に入れたらとにかく歩く。ただし、1日(22時間で全回復)に歩ける時間が決まっているのだ。スニーカーのレア度によっても異なるが、1足だとわずか10分。3足で20分、15足で60分、30足なら100分。一番効率が良さそうなのが9足で45分。「Walker」「Jogger」「Runner」とスニーカーのタイプによって、必要な歩きの速度も変わる。GPSと連動しているので、屋根の下や天気が悪いと反応が鈍い。

スニーカーを増やす
 とにかく一足だと一生元がとれそうにないので、スニーカーを増やしていくしかない。これにはいくつか方法があって、単純にお金を出して買うか、スニーカー2足を掛け合わせて新しいスニーカーを生み出す“ミント”をするか。もしくは、誰かにもらうか。原資回収には9足が最も効率が良さそう。仮想通貨が安定していれば、投資分(当時9足で130万円ほど)を1カ月半で回収できる計算。その後は利益確定の無双状態。こうして“ステップン長者”が次々と生まれていく。

レッツウオーキング!

さあ、冒険の始まりだ。
 このときのレートで12万円ぐらいのスニーカーを買って、初日はお約束の10分歩いた。稼いだのは3.23GST。しかし、レベル上げで3GST消費する……。まさかレベルが完全に上がり切るまで(最高30レベル)稼げないのでは?と不安になる。

レベル5の壁
 レベル4から5にレベルアップさせるとき、初めて10GST+10GMTが必要になる。ここまでレベルアップを繰り返していると、これまで歩いた分では足りないので、何日か歩くか、金で解決することになる。そういうシーンがレベル10とかでもやってくるので、なかなかシブい。

たまらず、1足買っちまおう!
 1足だと原資回収に途方に暮れてしまった僕は、ひとまずもう1足買うことにした。このとき、ちょっとレートが下がって、1足8万円ぐらい。「スニダン」で売っているスニーカーが一瞬安く思えた。でもこれで、新しい方をレベル5にすれば“ミント”ができる。ちなみにミントするのに最低200GSTかかる(泣)。

念願の“ミント”でついに3足だ
 とにかく、ミント用の200GSTを稼ぐのは時間がかかり過ぎる(そしてこの企画に間に合わない)ので、ひとまずお金で解決だ。200GSTは当時のレートで8万円ぐらい。こうして、3足揃えて20分歩けるようになったのだ。後々の話だけど、20分歩けば、レベル20で1日30GST(当時で約1万2000円)ぐらい稼げる。そんな感じで、日々歩いていたわけだ。

中国禁止のニュース!まさか……
 「ステップン」を始めて2週間後、あるニュースが全世界のステップンユーザーを震撼させた。「ステップン」が規制の厳しい中国で7月から禁止になることが発表されたのだ。このニュースが流れて、「ステップン」関連の仮想通貨が暴落して、わずか3日間で50%以上ダウンした。4月下旬にはGSTは一時1000円を超えていたし、僕が始めた頃にも400円台だったのに……。仮想通貨恐るべし。ぴえん。

感想

 結局、30万円を溶かしてしまったのかと言われたら分からない。まだGSTを現物にしないで持っているし、日々貯まっている。「ステップン」とは、正しくはフィットネスNFTゲームだ。つまり、本来、欲望は二の次で、歩きながら健康になれるならそれでいいじゃん、と考えるべきなのかもしれない。僕も1カ月で5キロ痩せた。しかも今のレートなら、1万〜2万円でスニーカーが1足買える。これをチャンスと捉えるかどうかはアナタ次第。「ステップン」がいつかどこかのブランドとコラボして、爆騰することを願って、今日も歩き続ける。

※仮想通貨の変動が激しいのと取引所の異なるイーサリアムを最終的にGSTに変換しているため、本文内の日本円は推定。スタートした5月16日のGST最高値は414円。“中国ショック“が広がった5月31日の最高値は189円だった。なお、6月9日現在は70円台を推移している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら