ファッション

【平成プレイバック】 「アメリ ヴィンテージ」の黒石奈央子ディレクターが振り返る「SNSの発展」

 SNSの発展はすごくインパクトが大きかったし、SNSは「アメリ ヴィンテージ」の強みです。アパレルのビジネスって、以前は大企業が何百万、何千万円と費用を払って雑誌に広告を出さないと商品が売れませんでした。でも今は企業よりも個人の方が力が強くなっていて、個人のインスタグラムで服が売れます。令和の時代はもっともっと個が強くなる。私自身、会社を辞めて一人でブランドを立ち上げましたが、それでこれだけできたんだから個人で何でもできる時代になったと思います。

黒石奈央子ビーストーン最高経営責任者兼「アメリ ヴィンテージ」ディレクター:大手アパレルブランドにVMDとして勤務した後、独立してビーストーン設立。2014年に、オリジナルブランド「アメリ」やヴィンテージアイテムを取り扱うセレクトショップ「アメリ ヴィンテージ」を立ち上げた。ECを主販路にしつつ、代官山、ルミネ新宿、大阪・心斎橋に実店舗も持つ

【業界人の「平成プレイバック」
ファッション・ビューティ業界の若手からベテランまで「平成時代に印象に残った出来事」とは?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら