ファッション

「ナイロン」の発行元が次世代カルチャーマガジン創刊 表紙のみ配布、中面はウェブで

 ファッション誌「ナイロン ジャパン(NYLON JAPAN)」を発行するカエルムは、エイベックスとの共同制作による新カルチャーマガジン「ポストーキョー(POSTOKYO.JP)」を18日に創刊した。表紙のみを紙媒体で発行し、中面はQRコードを読み込んでウェブ上で閲覧する斬新な形態で、“憧れ(≒デジタル)と現実(≒アナログ)のギャップ”を表現する。

 誌面は、“ポスギャル”と呼ばれる次世代ギャルのファッションやビューティのほか、スナップコンテンツを扱う。隔月で表紙を発行し、東京・渋谷エリアを中心に、大型書店、アミューズメント施設、アパレル店舗、ネイルサロンなどさまざまなチャネルで配布する。

 創刊号には、令和初日(5月1日)にエイベックスからデビューし、「M・A・C」の広告ビジュアルに起用されたことでも話題となった安斉かれんをはじめ、「ポップティーン(POPTEEN)」の専属モデルで女子中高生から支持を集める生見愛瑠(ぬくみ める)、TikTokで約30万フォロワーを抱えるハルカ(haruka)、SNSの合計フォロワーが46万を超える南部桃伽の4人が登場する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら