ファッション

益若つばさが編集長の新雑誌「トーキョードット」創刊 EXIT兼近やヒカルらも登場

 モデルの益若つばさと、SEKAI NO OWARIのグローバルプロジェクト「End of the World」のクリエイティブ・ディレクター、和田直希がダブル編集長を務める新雑誌「トーキョードット(TOKYODOT)」が、「ナイロン ジャパン(NYLON JAPAN)」の増刊号として4月14日に発売する。当初は1月に発売を予定していたが、延期していた。総ページ数148ページで、価格は1100円(税込)。

 テーマは「学校では教えてくれない教科書」。現代社会にまつわるテーマを、ファッションやカルチャーの企画を通して発信する。ターゲットの読者像はあえて設定せず、年齢や性別などに関係なく、誰もが手に取れる雑誌を目指す。

 益若つばさは、「近年、LGBTQという言葉を聞く機会が増えたが、日本では男性らしく、女性らしくあるべきという声も日常的に聞こえてくる。『トーキョードット』は時代の先を行くのではなく、みんなと寄り添いながら身近な問題提議を話し合う雑誌にしたい。創刊号では、自由に選択する生き方、セクシャルマイノリティーとしての生き方など、性別や年齢を問わずさまざまな方に出てもらい、先生として話をしてもらった」とコメント。創刊号では、お笑い芸人EXITの兼近やAMIAYA、川谷絵音、佐藤ノア、ヒカル、ラファエルなどが登場している。

 カバーストーリーを担当した和田直希は、「日本で一番新しい雑誌『トーキョードット』を日本最古の遊園地『花やしき』で撮影した。新しいものばかりを追いかけるのではなく、過去のアセットに“今”というワンピースを掛け合わせることで最新のクリエイティビティーを表現している。ぜひ楽しみにしてほしい」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら