ファッション

「アメリ」19-20年秋冬はウールコートに注力 「『暖冬でコートが売れない』は言い訳」

 ビーストーン(黒石奈央子最高経営責任者=CEO)が手掛けるセレクトショップ「アメリ ヴィンテージ(AMERI VINTAGE)」のオリジナル「アメリ(AMERI)」は2019-20年秋冬、ウールコートなどの重衣料を豊富にそろえる。「一昨年までは重衣料の企画が得意ではなかったが、昨年、それまでよりも上質な素材を使った凝ったデザインのコートを増やしたらヒットした。(業界内でよく言われる)暖冬だからコートが売れないとうのは言い訳。欲しいと思われる商品を作れば売れる」(黒石CEO)と自信を見せる。

 特に期待しているのが、昨年好評だったデザインをアップデートしたAラインのロング丈コート。日本製のウール地をたっぷり使っているが、主販路がECでコストが抑えられることなどから、価格は4万1000円と比較的買いやすく設定した。ほか、ウールシャギーとフェイクムートンのリバーシブルコート(2万9600円)、別々にも着られるジャケットとロングコートの重ね着アウター(4万2500円)などをそろえる。

 後ろ身頃をプリーツ地に切り替えた定番人気のトレンチコートは、今季はヨークに編み上げデザインを盛り込んでアップデートした。価格は2万7000円。袖にロゴテープをたたいたトレンチコートなどもそろえる。

 シーズンテーマは“ジャポニズム”。小紋柄や西陣織などからイメージしたモチーフのプリント柄スカートや、透かし編みのニットセットアップなどを企画した。今春夏物では「スーツ風のセットアップが好調」で、秋冬も薄地のコーデュロイのテーラードジャケット(1万9400円)とパンツ(1万4800円)など、スーツスタイルをそろえる。「どの品番もまんべんなく売れている」というシューズも、パンプスにショートブーツ、メンズ風シューズなどバリエーション豊富。価格はプレーンなポインテッドトーパンプスで1万6600円。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。