ファッション

SNS世代1600人を徹底調査 よく利用するショップTOP10

 「WWDジャパン」12月2日号は“SNS世代”特集。全国の服飾専門学校生約1600人にアンケート調査を行い、好きなデザイナー・ブランド・インフルエンサーから環境への問題意識まで、彼・彼女たちのファッション観に迫りました。ウェブではアンケート結果の一部を紹介します。第3回は「よく利用するショップ」部門トップ10をランキング形式で発表!

【1位】ゾゾタウン

理由:ツケ払いを利用すればお金を貯める前に欲しいものが買える/色や柄でアイテムを絞り込めるから欲しいものが見つかりやすい/たくさんのブランドを比較できる/すぐに 届くからうれしい

【2位】「ザラ(ZARA)」

理由:マネキンのコーディネートがおしゃれで参考になる/ECサイトが直感的に操作できる

【3位】「ユニクロ(UNIQLO)」

理由:どんな場所にも店舗があるから欲しいものがいつでも手に入る/ネットで買っても店舗で受け取れるのが便利

【4位】メルカリ

理由:欲しいものが安く手に入るのがうれしい/昔のコレクションや思わぬ掘り出し物に出合える

【5位】「ジーユー(GU)」

理由: Tシャツのデザインが豊富で選ぶのが楽しい/男女問わずアイテムが豊富だからデートにも利用できる/ 安いから奇抜なデザインにチャレンジしやすい

【6位】楽天市場

理由:国内外たくさんのブランドがある/ポイントが貯まるのがうれしい/中古のアイテムがある

【7位】ルミネ

理由:駅チカや駅ナカにあってアクセスがいい/おしゃれな店がたくさん入っている

【8位】古着店

理由:ブランドに関係なくアイテムを選ぶからセンスが磨かれる/新品にはない出合いがある

【9位】伊勢丹

理由:最新ブランドが集まっている/親と一緒に買い物が楽しめる/接客が最高級

【10位】バイマ

理由:海外ブランドが安く買える/お気に入りのバイヤーがいる

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら