ファッション

ビリー・アイリッシュが子ども服を発売

 米国の若手女性アーティスト、ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)が子ども服のコレクション“ビリー・アイリッシュ・キッズ(BILLIE EILISH KIDS)”を11月18日に発表した。

 アイテムはTシャツやショートパンツ、ビーニーなどで、ネオングリーンやオレンジといったビリーらしい色味に、ブランドロゴや左肩が吊り上げられたオリジナルの人型アイコン“ブローシュ(Blohsh)”があしらわれている。ビリーの公式オンラインストアで販売されており、価格は20~60ドル(約2100~6500円)だ。

 ビリーはその音楽的な才能と共に独特のファッションセンスでも知られ、「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」のキャンペーンビジュアルに起用されるなど、次世代のポップアイコンとして目覚ましい活躍を見せている。2019年にオープンした公式オンラインストアではフーディーやロングTシャツなど自身のアパレルコレクションを展開しており、7月には現代芸術家の村上隆とのコラボレーションイベントを実施。8月末に発売された「ベルシュカ(BERSHKA)」とのコラボコレクションは即日完売し、9月に再度販売された。また、ドイツ発のライフスタイルブランド「エムシーエム(MCM)」19-20年秋冬コレクションのグローバルキャンペーンにも起用されている。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら