ファッション

グレイトが次世代のポップアイコン、ビリー・アイリッシュとのコラボコレクションを発売

 東京・原宿のセレクトショップ、グレイト(GR8)が、次世代のポップアイコンとして注目を浴びるアーティストのビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)との限定コラボコレクションを6月23日から販売中だ。

 ビリー・アイリッシュは、2001年ロサンゼルス生まれの17歳。15歳の時に発表した「Bellyache」や「when the party's over」が、ささやくような歌声と10代の心情を代弁するかのような歌詞、そしてアート性の高いMVで話題に。そして今年3月に発表したデビューアルバム「WHEN WE FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?」が全米チャート1位に輝き、“全米チャート1位を獲得した初の21世紀生まれのアーティスト”としてさらに注目を集めた。また、独特なファションセンスでも知られ、「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」のキャンペーンビジュアルに起用されるなど、次世代のポップアイコンとして日々目覚ましい活躍を見せている。

 今回のコラボコレクションは、フーディー3型、ロングTシャツ2型、Tシャツ5型の計10型をラインアップし、アメコミ風に描かれたビリーや、“ブローシュ(blohsh)”と呼ばれる左肩が吊り上げられたビリーオリジナルの人型のアイコン、そして“BILLIE EILISH”のテキストなどがあしらわれている。価格は6000円〜で、グレイト店頭と公式オンラインストアでのみ取り扱っている。

デビューアルバム「WHEN WE FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?」収録曲の「bad guy」

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら