フォーカス

音楽万歳 東京・渋谷発多国籍バンドALI

 メンバー全員が日本とヨーロッパ、ないしはアメリカ、アジア、アフリカなどさまざまな国にルーツを持つ、東京・渋谷発多国籍ファンク&ヒップホップバンドALI。LEOのソウルフルな歌声に聴きほれていると、JUAがラップの技量を見せつけたりと、ルーツも年齢も異なる7人の個性が絶妙に融合し生み出される音楽は、ファンクからヒップホップ、ブルース、ソウル、レゲエまで、さまざまなブラックミュージックへのリスペクトが込められている。しかし、決して模倣的なサウンドではなく確かなオリジナリティーを感じさせ、何より音楽としてのパワーを帯びている。

 5月17日に1stEP「ALI」をリリースしたばかりのALIを代表してLEO、JUA、KAHADIOの3人に集まってもらい、ファッションメディアとしては初となるインタビューを敢行した。

WWD:まずは、みなさんのルーツから教えてもらえますか?

LEO:母親がスペインとイギリスのハーフで、父親が日本人。渋谷が地元で、ALIでは最年長の32歳です。

JUA:最年少の22歳です。日本とフランスとカメルーンのミックスですけど、ハワイ生まれで日本とフランスで育ちました。

KAHADIO:父親がオランダとスペインのハーフで、母親が日本人の27歳。でも生まれはアメリカです。

LEO:ギターのZERUはガーナにルーツがあって、ベースのLUTHFIはインドネシアとオランダのミックスだったりと、ルーツも年齢もバラバラなんです。

WWD:そもそもみなさんはALIを結成する以前からミュージシャンになりたかったんでしょうか?

LEO:14歳くらいから「音楽でアメリカに行くぞ」って周りに言ってましたね。でも音楽学校に通ってたわけでもないし、当時付き合ってた彼女には「何言ってるの?」って(笑)。でもその彼女の母親が歌の先生だったんで、高校を卒業してから5年間、週5日通ってピアノと発声を学んでました。

JUA:父親がラッパーというのもあって、小さい頃はその反動で逆にミュージシャンになりたい気持ちが全くなかったんですよね。でもフランスの高校でバンドを組んだりしてるうちに、「音楽が1番楽しいかもしれない」って思い始めて、今も歌い続けている感じです。

KAHADIO:5歳くらいからマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)みたいなスターになりたいと思ってたんですけど、13歳の時にドラムを始めて、3〜4人の先生に習う英才教育を受けてました。それでスタジオミュージシャンを目指してた時期もあったし、Quattroってバンドでドラムをやってたこともあります。

WWD:それぞれ影響を受けたアーティストは?

LEO:いっぱいいますけど、強いて3人挙げるならボブ・マーリー(Bob Marley)、ニーナ・シモン(Nina Simone)、ドアーズ(The Doors)のジム・モリソン(Jim Morrison)。それぞれジャンルは違うけど、歌に対する気持ちが一緒だと勝手に思っている3人です。

JUA:僕はやっぱり父親のB-BANDJ。フランスだとセクシオン・ダソー(Sexion d'Assaut)やネクフ(Nekfeu)、アメリカだとトラヴィス・スコット(Travis Scott)ですかね。

KAHADIO:マイケル・ジャクソン、オンリーです。

WWD:あらためてさまざまなルーツを持つみなさんだということがわかりました。それではALIの結成経緯を教えてください。

LEO:最初からいまの人数だったわけではなくて、少しずつ俺が声をかけて増えていった感じです。KAHADIOとJUAの2人はメンバーの中で1番関係が古いんですけど、KAHADIOはお互いが別のバンドで活動してた17歳のときに知り合って、JUAとは初対面で「フリースタイルできるでしょ?」って無理矢理ラップをやらせたのが出会いでした。その時からなんとなく、JUAがラッパーでKAHADIOがドラムのバンド像が浮かんでたんですけど、ボーカル、ラッパー、ドラマーだけじゃバンドは組めないからずっと悩んでて。そしたらZERUと出会い、ZERUがLUTHFIを連れてきてって、だんだんと増えていったんです。

バンドを組んだ理由は、音楽的に難しいことをやりたいわけじゃなくて、ブルースもジャズもロックもR&Bもヒップホップも音楽自体に歴史があって、この音楽の歴史に返答したいし加わりたいという気持ちからなんです。昔の音楽に簡単にさかのぼれる今だからこそ、昔の音楽をリスペクトする気持ちですね。

JUA:LEOがいなかったらALIは存在しないし、これからもLEOが引っ張らないとALIはなんとなく進んで自然消滅してしまうと思ってます。LEOにはなんかついて行きたくなるオーラがあるんですよね。KAHADIOは才能は素晴らしいけど僕との関係はチルい感じで、タピオカを一緒に飲むタピフレです(笑)。

KAHADIO:LEOは察知能力がすごいと思っていて、 俺を生かすも殺すもLEO次第。ただ俺をドラムに選んでくれたのは、間違いなく正解です(笑)。

LEO:ハーフが集まって、古いやつも新しいやつも、いろんな育ちのやつも共存してる感じが、東京っぽいバンドだと思ってます。

WWD:バンド名の由来は?

LEO:コンセプトとメンバーは結構前から決まってたんですけど、バンド名だけなかなか決まらず1年くらいずっと悩んでたんです。そんな時にZERUとTVを観てたらモハメド・アリ(Muhammad Ali)が亡くなったってニュースが流れて、モハメド・アリからとりました。ALIって単語にはまだ意味がなくて、モハメド・アリか俺らだけ。ALIってワードがこういう音楽で、こういう人たちが奏でてて、こういう気持ちになるって意味にしたいですね。

WWD:それでは結成日はアリの命日ということ?

LEO:そうですね、2016年6月3日。アリが亡くなった日から動き出しました。

WWD:バンドのコンセプトは?

LEO:簡単に言うと「LOVE MUSIC & DANCE 音楽万歳」に尽きる。とにかく音楽最高っていうのを伝えたいバンドです。