ファッション

ファッション通信簿Vol.23 ついやり過ぎちゃったセレブの「コーチェラ」スタイルを米「WWD」がめった切り

 米「WWD」の人気企画「ファッション通信簿」では、ストリートからパーティー、レッドカーペットまで、海外セレブたちのファッションを厳しくチェック。A+、A、A-、B+、B、B-、C+、C、C-、D+、D、D-、そしてFAIL(失格)の13段階評価で格付けし、それぞれのファッションポイントを勝手に辛口ジャッジ!

 第23回は、4月12〜14日に米カリフォルニア州インディオで開催された世界最大級の音楽フェスティバル「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル2019(Coachella Valley Music and Arts Festival以下、コーチェラ)」の“ウィークエンド1(Weekend 1)”から、エリカ・ジェイン(Erika Jayne)、ジャスミン・サンダース(Jasmine Sanders)、ヘネシー・キャロライナ(Hennessy Carolina)、ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)、ヘイリー・ビーバー(Hailey Bieber)、ドラヤ・ミシェル(Draya Michele)、ロス・バトラー(Ross Butler)、クインシー(Quincy)が登場。辛口評価が目立った今回、ワーストファッショニスタの座は誰の手に?

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら