ファッション

渋谷109が新ロゴ点灯 新生109を「若者たちの夢をかなえる場所」に

 ファッションビルの渋谷109は開業40周年の記念日となる4月29日、新ロゴの点灯式を行った。新ロゴは一般公募を通じて行われ、1万人以上の応募から選ばれた丸みのあるロゴ。渋谷109に自身がプロデュースするファッションブランド「ニコロン(NICORON)」を出店している藤田ニコルが点灯ボタンを押すと、通行人からも大きな歓声が上がった。ロゴのリニューアルは開業以来初めてで、渋谷109の運営会社SHIBUYA109エンタテイメントの木村知郎社長は、「40周年という節目にロゴをリニューアルした。これを機に渋谷109は、体験や感動を共有し、若者たちの夢を叶える新しい商業施設として生まれ変わりたい」と語った。

 藤田ニコルは「渋谷109は、中二のころから渋谷に通っていた自分にとってあこがれの場所。新ロゴが生まれる場に立ち会えるなんて夢のよう」と語った。点灯式には藤田ニコルのほか、長谷部健渋谷区長、アートディレクターの千原徹也、今回のリニューアルの館内サイン全体のグラフィックを手がけた五十嵐LINDA渉、1万人を超える応募者の中から新ロゴに選ばれたロゴ発案者のハナガキタイジュさんと池田敦美さんが駆けつけた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら