ファッション

「ミナ ペルホネン」 × 「アルテック」のスツールが100脚限定で登場

 フィンランド発インテリア「アルテック(ARTEK)」は11月16日に、フィンランドと日本の国交樹立100周年を記念し「ミナ ペルホネン(MINA PERHONEN)」とコラボレーションした“スツール 60 ああるとのカケラ”を100脚限定で発売する。色はライトブルー×ピンクベージュとオリーブ×グリーンの2色で各50脚限定で価格は4万5000円。この発売は東京都現代美術館で「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」展の開幕を記念するものだ。

 「ああるとのカケラ」とは、「ミナ ペルホネン」のデザイナーである皆川明が、フィンランド人建築家でデザイナーのアルヴァ・アアルト(Alvar Aalto)とアイノ・アアルト(Aino Aalto)による建築やプロダクトから象徴的な要素を抽出し、そのイメージをドローイングしてまとめた書籍のこと。その中の「アルテック」製品において重要な部品である“L-レッグ”のドローイングを刺しゅうで表現したテキスタイルを、2019年限定の“ウスタヴァスツール”に使用したのが“スツール 60 ああるとのカケラ”だ。

 この限定スツールは、「アルテック」の店舗とウェブストアや「ミナ ペルホネン」該当店舗とオンラインストア、インテリアショップの「センプレ(SEMPRE)」で販売される。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら