ビューティ

カネボウ化粧品の「トワニー」が2020年春から若年層向けにリブランディング

 カネボウ化粧品のカウンセリングブランド「トワニー(TWANY)」が2020年春にリブランディングを行う。これまでの“生体のリズム”に基づく考えはそのままに、若年層も含めたターゲットの設定や製品体系、世界観を刷新する。

 同社の化粧品専門店専用ブランドとして1996年に誕生した「トワニー」は、一日・一月・一年・一生の“リズム”を核に製品展開を行い、現在は2200店舗で展開している。同社リージョナルブランドグループの佐々木純一マネジャー(トワニーマーケティング担当)は、「リブランディングで、核となるリズムはそのままに本格的なカウンセリングブランドとして刷新する」とコメント。

 新ブランドメッセージを「美しさのリズムと、響きあう。」に、ブランドのタグラインは「Harmonized YOU.」に設定。製品体系は、一日・一月・一年・一生のリズムに沿った明快な特徴製品と、W洗顔W保湿などを含むベーシックケアの2体系に整理する。さらに、ロゴや世界観は上質感のあるスタイリッシュなイメージに一新する。ターゲットは、現在のユーザーである“美容意識が高く人生を楽しみたい”大人かわいい層に加え、今後は論理的な納得感を重視すると共に女性的な感性を大切にする30~40代の美容ユーザーを取り込んでいく。一部店舗では10月中旬から新デザインに変更し、来年4月から什器も含めて新デザインに順次切り替える。

 同社リージョナルブランドグループの塩地秀行グループ長は、「現在の『トワニー』は290SKUそろえるが、まず来春に1品登場させ、25年までに既存製品を切り替えたり絞ったりしていく。デジタル施策なども行い、普段は専門店を利用していないが“生活圏でカウンセリングを受けて購入したい”という女性を取り込みながら25年は18年度比で1.5倍の売り上げを目指していく」と語った。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら