ニュース

欧州で人気のスキンケア「センサイ」が日本逆輸入 9月に百貨店で展開

 カネボウ化粧品は、日本を含めたアジア以外の欧州を中心とした40カ国以上で展開するプレステージブランド「センサイ(SENSAI)」(全75品種、3000~7万1500円)を日本に導入する。百貨店を主力販路とし、9月に伊勢丹新宿本店、10月に阪急うめだ本店に出店。20年には中国での展開も予定しており、それに先駆けて越境ECを9月にスタート。8月に成田空港免税店ビジネスも実施し、グローバル化を加速する。

 「センサイ」は1983年に誕生。現在は欧州や中東などの百貨店やパヒューマリー約4000店舗で展開する。日本原産の希少な小石丸シルクを主原料に、メイド・イン・ジャパンのモノ作りを訴求してきた。今回、花王グループが2018年5月に策定したブランド再編によるグローバル戦略ブランドに「センサイ」を掲げていることから、アジア進出を果たすことになった。

 ラインアップはブランドの中核となるエイジングケア“ASシリーズ”と最高級エイジングケア“UTMシリーズ”、スペシャルケア“EXシリーズ”、洗顔アイテム“SPシリーズ”、ベースメイク“CPファンデーションズ”、メイクアップ“カラーズ”となる。いずれも欧州で好評の製品を扱うが、アイシャドウの新作は日本先行販売となる。

 花王グループは、25年をゴールとする新成長戦略で化粧品事業全体の売上高4000億円、営業利益率15%の達成を掲げており、「『センサイ』をはじめ、『エスト』『ソフィーナIP』『モルトンブラウン』」は目標を達成するための注力ブランドとして新たな挑戦をしていく」(村上由泰カネボウ化粧品社長執行役員)と述べ、その一環が「センサイ」の逆輸入となる。