ニュース

カネボウが2020年版「ミラノコレクション」を限定発売

 カネボウ化粧品はブランド誕生30周年を迎えた「ミラノコレクション」を処方をパワーアップして発売する。6月1日から店頭と公式オンラインサイトで予約を受け付け、12月1日に数量限定で発売する。

 「ミラノコレクション」は、おしろい市場で10年以上連続売り上げ1位(全国小売店パネル調査)を誇る人気製品で、毎年、テーマを設けたパッケージデザインが特徴だ。2020年は“守る幸せ”をテーマに、ウサギを抱く天使をモチーフに“守る喜び”をパッケージとパウダーの表面に表現した。今回のパッケージは、誕生30周年を記念した特別デザインでゴールドを基調にステンドグラスのきらめきをイメージした。

 キメ細かく透明感のある肌に仕上げる高機能フェースパウダー「ミラノコレクション フェースアップパウダー2020」(24g、9000円※編集部調べ)は粉質の改良により、仕上がりや化粧持ちが向上。寒天成分が板状の顔料をコーティングして水分を取り込み肌に密着することで、純白感のある仕上がりが持続する。保湿成分としてヒアルロン酸やローヤルゼリーエキスを配合した。香りは、天然香料のローズ・アルバと、ローズ・ダマセナを使用したプレミアムローズの香りだ。全国のドラッグストアなどで販売する。

 また百貨店や一部化粧品専門店では、オリーブ葉エキスなどの植物由来成分を配合したナチュラルボタニックエキスを加えた「ミラノコレクションGR フェースアップパウダー2020」(30g、1万2000円※編集部調べ)を展開する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら