ファッション

ファッションD2Cプラットフォームのpickiが6000万円を調達

 ファッションD2Cプラットフォームを展開するpicki(ピッキー)はこのほど、第三者割当増資を行い、サイバーエージェント・キャピタルやコルク、コーラルキャピタル、ボヤージュ・ベンチャーズなどから6000万円を調達した。

 Pickiは2017年5月に鈴木昭広代表が設立。韓国や中国にある提携工場や自社ECサイト「pickiストア」を通じて、インフルエンサーのオリジナルブランドの企画、生産、EC販売、発送をサポートするプラットフォームを提供している。また、オウンドメディアも運営しており、同社がサポートするクリエイターのこだわりやストーリーを発信。現在、インスタグラムで7万フォロワーを抱えるレイナが手掛けるブランド「マッドネス(MADNESS)」などをサポートしている。

 出資をしたサイバーエージェントの北尾崇ヴァイス・プレジデントは「実際に鈴木さんの取引先工場を見学したが、工場のクオリティーも極めて高く、鈴木代表の実行力の高さ、人を巻き込む人間性の魅力などを強く感じた」とコメント。ボヤージュ・ベンチャーズの高田絹子インベストメントマネージャーは「アメリカでファストファッションの次のうねりとして立ち上がり、多様な販売手法の取り組みが行われているD2Cブランドの流れが日本でも起きる可能性が出てきている。そのタイミングに加え、インフルエンサー単独では埋めきれないアパレル製造・流通工程の知見や経験が鈴木さん及びpicki社にはある点や、コスト競争力を有する具体的な製造背景を有する点、海外展開も視野に入れている点などから投資に至った」と語っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら