ニュース

眼鏡の和真が渋谷店を19年ぶりにリニューアル “日本の眼鏡を渋谷から世界に”

 眼鏡専門店チェーンの和真は、和真メガネ渋谷店(約190平方メートル)を6月21日にリニューアルオープンする。同店は1991年のオープンで、19年ぶりのリニューアル。店内は、モダンな中にもさりげなく和を感じさせる大人の雰囲気に生まれ変わった。“日本の眼鏡を渋谷から世界に”がコンセプトで、「オト(OTO)」「ヴィオルー(VIOROU)」「デュアル(DJUAL)」など日本の眼鏡ブランドを中心に販売する。日本の伝統工芸である藍染を利用した藍染眼鏡を展示するほか、オープニングイベントとして6月28日~7月7日に「トレミー48(PTOLEMY48)」のトランクーショーを行い、300本を展示する予定だ。

 和真は全国に70店舗以上を手掛け、2019年1月期決算の売上高は94億9000万円。