ニュース

メガネの田中チェーンが福岡・天神に出店 独自アプリ活用で次世代型眼鏡選び

 広島を本拠とするメガネの田中チェーンは6月1日、福岡・天神エリアにメガネの田中天神西通り店(約90平方メートル)をオープンする。全国107店舗のうち福岡県内には郊外を中心に10店舗を展開しているが、福岡市内への出店は初めて。

 “眼鏡選びを最高に楽しめる空間”をショップコンセプトとしており、コーヒーを飲みながらくつろげるスペースや、迷路のように並ぶ陳列台で宝探しのように眼鏡を選べるディスプレーのほか、13個の照明器具に囲まれた同社オリジナルの大型鏡“ハリウッドミラー”を設置し、アイウエアコーディネーターの対応とともに女優気分で眼鏡選びが楽しめるのが特徴だ。同社は、客の仕事や趣味を分析してライフスタイルに合わせた眼鏡やレンズを提案するアプリ「視生活カウンセリング」や、顔立ちを自動分析する「印象分析アプリ」を開発するなど、独自の次世代型眼鏡選びのサービスを取り入れている。

 6月1~16日には、オープニングイベントとして、同社が開発したアプリを使用した眼鏡選びの体験会を行う。