ビューティ

ニッチフレグランスの急先鋒「バイレード」 日本初のショップをオープン

 スウェーデン・ストックホルム発のラグジュアリーフレグランスブランド「バイレード(BYREDO)」が、10月23日に日本初となるショップを伊勢丹新宿本店1階にオープンする。ショップでは香水のほか、キャンドル、ボディーケア、ハンドクリーム、ヘアパフューム、せっけんなどを取り扱う。

 同ブランドは2006年に、ベン・ゴーラム(Ben Gorham)創設者兼クリエイティブ・ディレクターにより創設された。ゴーラム=クリエイティブ・ディレクターはインド人の母とカナダ人の父のもとスウェーデンに生まれ、ストックホルム、トロント、ニューヨークなどで育った。ストックホルム美術大学でファインアートの修士号取得後に、著名な調香師、ピエール・ウルフ(Pierre Wolf)やジェローム・エピネット(Jerome Epinette)と出会い、香りと記憶の密接な関係に魅せられて「バイレード」を立ち上げた。

 これまで「アクネ ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)」「オフ-ホワイトc/oヴァージル アブロー(OFF WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」などとのコラボコレクションを発表し、昨年にはロンドンとニューヨークに旗艦店をオープン。日本には11年に上陸。スカンジナビア半島とインドという対照的な背景から生まれる独創性と豊かなストーリー性が魅力となり、セレクトショップなどでファッション業界人を中心にファンを集めていた。

 なお、オープンを記念して、オードパルファン(100mL)の購入者にミニサイズ(12mL)のオードパルファンをプレゼントする。ミニサイズの提供は数量限定。また、レザートラベルケースを購入するとオリジナルフォントを用いて名前などをその場で刻印するサービスも実施する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら