ニュース

伊ジュエラー「ブチェラッティ」を「カルティエ」の親会社が買収

 「カルティエ(CARTIER)」や「ヴァン クリーフ&アーペル(VAN CLEEF & ARPELS)」を擁するコンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT以下、リシュモン)は9月26日、イタリアのジュエラー「ブチェラッティ(BUCCELLATI)」の親会社であるブチェラッティ・ホールディング・イタリア(BUCCELLATI HOLDING ITALIA)の株式100%を、中国企業のガンスー・ガンタイ・ホールディング・グループ(GANSU GANGTAI HOLDING GROUP以下、ガンタイグループ)などから取得した。買収の金額など詳細は非公開。

 ヨハン・ルパート(Johann Rupert)=リシュモン会長は、「『ブチェラッティ』はそのスタイル、起源、クラフツマンシップにおいて、当社が擁するほかのジュエリーブランドを補完できる数少ない存在だ。独特のスタイルを持つ同ブランドを、長期的な目線で発展させていきたいと考えている。クリエイティブで個性的なジュエリーを探している顧客のニーズに応えてくれるだろう」と語った。

 アンドレア・ブチェラッティ(Andrea Buccellati)=ブチェラッティ名誉会長兼クリエイティブ・ディレクターは、「多くのラグジュアリーブランドを擁し、ジュエリー分野の経験が豊富な名門のリシュモンに加わることができて大変光栄に思う。長期的に戦略を策定する同社の考え方は素晴らしいと思うし、『ブチェラッティ』がリシュモンの一員として可能性を広げ、成果を上げられることを楽しみにしている」と述べた。

 シュイ・ジェンガン(Xu Jiangang)=ガンタイグループ創設者兼会長は、「名門ジュエラーである『ブチェラッティ』の中国市場への進出をサポートし、そのブランド強化に貢献できたことを大変うれしく思っている」とコメントした。なお、ジャンルカ・ブロゼッティ(Gianluca Brozzetti)=ブチェラッティ最高経営責任者によれば、同ブランドは2018年にアジアで5店舗オープンしており、それにけん引された全体の売上高も2ケタ成長となったという。

 ガンタイグループは17年8月にブチェラッティを買収。しかし当初から、高いクラフツマンシップを誇るイタリアのハイエンドジュエラーとはミスマッチなのではないかと言われていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら