ニュース

マンダムと京都大学が共同開発したスタイリング剤が登場

 マンダムは8月26日、メンズグルーミングブランド「ギャツビー(GATSBY)」から京都大学と共同開発したヘアスタイリング剤「インサイドロックシリーズ」を発売する。ワックス、セラム、スタイリングウオーターの3種5品目をそろえる。

 新シリーズは、若者のナチュラル志向のヘアスタイルトレンドと“目立ちたいわけでないけれど、自分らしく”という意識傾向に着目して開発した。若者に人気のマッシュスタイルをベースにさまざまなアレンジが楽しめるスタイリング剤をそろえる。動きのあるスタイルに適したドライワックス「モーションコントロール」「ナチュラルリフト」(各75g、各900円)とマットな質感で自然なボリュームと毛流れを演出するセラム「エアリーモード」「スマートフォルム」(各75g、各900円)、トリートメント成分配合で湿気の影響を受けやすいくせ毛をストレートに仕上げるウオータータイプのスタイリング剤「ウォーターストレート」(200mL、850円)をラインアップする。黒とシルバーをベースにしたパッケージは、マットな質感でインテリアにもなじむデザインだ。

 従来の整髪料は、毛髪の外側に整髪成分を塗布し髪同士を固定する仕組みのため、雨や湿気などの外的要因でヘアスタイルが崩れがちだった。京都大学と開発したインサイドロック技術を採用した同シリーズは、整髪成分が髪内部に浸透し、湿気などに強くナチュラルなスタイルを長時間キープできる。

 今回の新製品の開発を手掛けた山口和希マンダム商品開発部は「生活者、とりわけ学生の意識は自身が所属するスクールカーストに合わせたシンプルなファッションにナチュラルな髪型という自己主張をしない同調志向が多かった。しかし、ソーシャルメディアの浸透で学校というコミュニティ以外にも周囲とつながる機会が出来たことでスクールカーストの垣根が取り払われ、シーンに合わせた自分らしいスタイルを楽しむようになっている」という。