ニュース

「ウーノ」がLINEでヘアスタイリングを提案

 エフティ資生堂は、髪を切ってから次に切るまでの期間に生じるヘアスタイリングの悩みに着目し、髪が伸びてきてスタイリングに悩む男性のためサービス「ウーノ ロイド(uno roid)」を、LINE上で提供開始した。

 徐々に髪が伸びてくる端境期(はざかいき)のスタイリングの悩みはユーザーによって全く異なる。そうしたユーザーの個々の悩みに対して最適な提案をするために、「髪の長さ」「カット時の髪型のタイプ」「髪を切ってからの経過期間」など6つの質問から、ユーザーを336ものタイプへ分類。それぞれのタイプの他、ユーザーの傾向を分析し、常に適切なソリューションを学習し続け、最適な回答をユーザーへ提供する“学習型レコメンデーションエンジン”を搭載している。

 解決法は縦型動画(総計90本以上)で提供。さらに「柔らかい髪にボリュームを出すためには?」といったスタイリング時のちょっとした悩みへの解決法や、「ワックスのつけ方」といったベーシックなテクニックなども提供する。

 同サービスについて、メンズファッション主要10誌にアンケートをとったところ、「今までに見たことないサービス」「類似のサービスを見聞きしたことはなく、革新的」「どう考えても画期的」など高評価だったという。

■エフティ資生堂「uno roid(ウーノ ロイド)」
LINEアカウント名:uno roid(ウーノ ロイド)
LINE ID:@unoroid

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら