ファッション

「メゾン マルタン マルジェラ」のビンテージコレクションがサザビーズでオークションに

 オークションハウスのサザビーズ・パリ(SOTHEBY’S PARIS)は今秋、「メゾン マルタン マルジェラ(MAISON MARTIN MARGIELA)」(現「メゾン マルジェラ」)の展覧会およびオンラインオークションを開催する。

 9月19日から10月1日までの期間中、プライベートコレクションの洋服やアクセサリー220点ほどが競売に出される。中でも注目したいのが「メゾン マルタン マルジェラ」2006年春夏アーティザナル・コレクションから出品される予定の、トランプをつなぎ合わせて制作されたメンズベストだ。同様のものが5着しかないうちの1着で、8000~1万ユーロ(約97万~121万円)の落札推定価格となっている。

 ほかにも1997年春夏の‟ストックマン(STOCKMAN)”コレクションのリネンジャケット、99-2000年秋冬のダウンコート、そしてアーティザナル・コレクションのボウタイでできたトップスなどのレアアイテムが出品される予定だ。出品アイテムは、パリ・ファッション・ウイークに合わせて9月20日から25日まで展示される。

 昨年、ガリエラ美術館(Palais Galliera)とパリ装飾芸術美術館(Les Arts Decoratifs)で行われた2つの回顧展の直後となる今回のオークションは、1989年の「メゾン マルタン マルジェラ」の誕生から30年、そして、公の場に姿を見せることがほとんどなかったマルタン・マルジェラ本人がブランドを離れた2009年から10年という二重の意味でのアニバーサリーイヤーとなる。

 今年はライナー・ホルツェマー(Reiner Holzemer)監督が手掛けるドキュメンタリー映画「Martin Margiela in His Own Words」(邦題未定)も公開される。

 この3月に仏競売会社アールキュリアル(ARTCURIAL)でオークションにかけられた、約270点におよぶマルジェラが手掛けたビンテージアイテムは、推定価格のおよそ倍の27万5000ドル(約2975万円)近くまで吊り上がり、売り上げの80%は外国人バイヤーによる落札であった。マルジェラのスローファッション哲学とアップサイクルを取り入れた知的なアプローチのデザインは、特に日本人バイヤーに人気だ。

 同オークションで一番人気だったアイテムは、透明の衣類カバーから制作された92-93年秋冬のプラスチック製ドレスで、実際に着用することは不可能ながら、推定価格の10倍以上の26万662ドル(約288万円)で落札された。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。