ファッション

「H&M」戎橋メンズ店が日本初導入の内装デザインを採用しリニューアル 店舗名変更も

 「H&M」は9月13日に、大阪・心斎橋の「H&M」戎橋メンズ店を日本初導入の新インテリアコンセプトでリニューアルオープンする。それに伴い、店名も変更する(新店名は未定)。

 最新のインテリアコンセプトは、白をベースにしたシンプルな既存の内装から、ベージュをベースカラーとした北欧らしいナチュラルで温かみのあるウッド調のデザインを採用。観葉植物を取り入れたり、ソファを置いたラウンジエリアを設けたりするなど、ゆったりとした空間を演出する。日本初導入について「現在『H&M』は大阪に9店舗展開しており、重要視をしているエリアだ。今回、大阪の中心地である戎橋エリアに、新たに投資をすることで、『H&M』の新しい息吹を吹き込む」(担当者)と語る。

 売り場面積約1000平方メートルの4層で、リニューアルでウィメンズ3フロア、メンズ1フロアとして展開する。また、「H&M」初の試みとして、キッズ・ヤングラインは取り扱わず、ワンランク上の大人に向けたウィメンズ・メンズラインを並べる。ウィメンズは、衣類やアクセサリーをはじめ、アンダーウエア、スポーツなどライフスタイル全般をカバーするラインアップだ。商品展開にも新コンセプトを導入し、より親近感のあるショッピング体験を提供する。

 日本初のニューコンセプトストアは、世界の「H&M」限定店舗でも導入を進めており、今後も広めていく予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら