ファッション

三浦春馬が「ポール・スミス」のアンバサダーとしてパリのショーに来場、「興奮しました」

 「ポール・スミス(PAUL SMITH)」は2020年春夏コレクションのランウエイショーをパリのエリゼ モンマルトル劇場で6月23日(現地時間)に行い、同ブランドのメンズ アンバサダーを務める俳優の三浦春馬が来場した。

 「ポール・スミス」の2020年春夏シーズンは、多彩なスーツを披露した。オーバーサイズのダブルブレストや、フロントの合わせの位置を高めにした3つボタンなどジャケットのバリエーションの多さに加え、得意とするプレイフルなカラーリングで若々しいスーツを提案した。

 フロントローに座った三浦もこの日はチェックのセットアップを着用し、真剣にショーをチェックしていた。ショーが終わると三浦は「すごく興奮しました。メンズはもちろん素敵でしたが、ウィメンズもとてもかわいかったです。また、ショー前のバックステージやショールームにも行かせてもらい、まだ自分が知らなかった『ポール・スミス』の側面や新たな魅力を知ることができました。今回学んだことや感じたことを生かして、アンバサダーとして日本の皆さんに届けていきたいですね」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら