ビジネス

コンデナスト本社が新たに求人プラットフォームを始動 300億ドル市場に参入

 「ヴォーグ(VOGUE)」や「GQ」などを発行する英コンデナスト・インターナショナルは、求人プラットフォーム「ヴォーグ ビジネス タレント(VOGUE BUISINESS TALENT)」をローンチした。2019年1月にスタートしたファッション業界向けのBtoBメディア「ヴォーグ ビジネス」の一環だ。英「ガーディアン」紙の求人サイト「ガーディアン ジョブス」のディレクターなどを務めたアリスター・ウィリアムス(Alistair Williams)が同サービスを統括する。

 求職者は職歴のプロフィールをサイト内に登録すると、求人の検索や、世界中のファッションブランドから求人オファーを受けることができる。また、登録者向けのイベントも実施。同サービスのパートナー企業とコミュニケーションや、企業に関する情報収集を行える。

 「ヴォーグ ビジネス タレント」はクライアントと読者の要望から実現。2023年までに345億ドル(約3兆7000億円)に達すると見込まれている、オンラインリクルート市場への参入を目的としているという。なお、同サービスのローンチ前には、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「バーバリー(BURBERRY)」、マッチズ・ファッション・ドットコム(MATCHESFASHION.COM)など10のブランドと共にテスト版を始動していた。

 コンデナスト・インターナショナルのウルフギャング・ブラウ(Wolfgang Blau)社長は「新鋭のデザイナーの発掘や、ロンドンとマドリッドに構えるコンデナスト・カレッジでの次世代のトレーニングなど、コンデナストは長い間、世界のトップファッションブランドと才能ある人たちを結び付けてきた。『ヴォーグ・ビジネス・タレント』ではファッション業界が適切な人材を発見するのをサポートするために、自社の比類なきネットワークを活用する」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら