ビジネス

コンデナスト・ジャパンが史上初のSNSオンリーメディア 新たな収益モデルの創出

 「ヴォーグ ジャパン(VOGUE JAPAN)」や「GQジャパン(GQ JAPAN)」を発行するコンデナスト・ジャパンは1月31日、同社初のSNSオンリーメディア「ルーモア・ミー(RUMOR ME)」をローンチした。1995年以降に生まれた“ジェネレーションZ世代”をターゲットに、インスタグラム上で次世代のインフルエンサーの育成と輩出を目的としたさまざまなコンテンツを発信する他、イベントなども行う予定だ。

 同メディアの立ち上げと共に、SNSを使ったPR企画などを行う企業geeksの山本哲・代表とインフルエンサー発掘プログラム「ルーモア・ミー オーディション」を共同開発した。コンデナスト・ジャパンが世界観や投稿のメッセージ性、フォロワーが求めるもの対する理解力、モチベーションなどの基準から58人の“インフルエンサーの卵”たちを選定。彼らに対し、クリエイティブ性を磨くためのトレーニング兼オーディションを全10回、1年を通じて実施し、同社認定のクリエイティブ・インフルエンサーを創出する。同社が11月に新設した部署ソーシャル タレント エージェンシーで「コンデナスト・ジャパン所属のインフルエンサー」としてマネジメントを行う。一定期間後はプログラムで得た知見を活かし、「ソーシャル メディア アカデミー」として一般向けの講座の実施などを計画する。

 北田淳コンデナスト・ジャパン社長は「明確にZ世代をターゲットとしたメディアを今まで持っていなかった。彼らにとってSNSはなくてはならないプラットフォーム。『ルーモア・ミー』を通じて次世代のアップカマーの発掘はもちろん、Z世代のユーザーとラグジュアリー・ブランドとの接点の増加や、コンデナスト・ジャパンの新たな収益モデルの創出を目指す。1年目は赤字を想定しているが、2年目以降はクリエイティブ・インフルエンサーのイベントへの派遣といったタレント エージェンシーの事業や『ソーシャル メディア アカデミー』などで黒字化する計画だ」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら