ビジネス

ハースト婦人画報社社長兼CEOがコンデナスト・フランスのトップに

 イヴ・ブゴン(Yves Bougon)=ハースト婦人画報社社長兼最高経営責任者(CEO)がコンデナスト・フランス(CONDE NAST FRANCE)の社長に就任する。

 ブゴン次期社長は5月7日にコンデナスト・フランスで執務を開始する予定で、ザビエ・ロマテ(Xavier Romatet)=現コンデナスト・フランス社長の後任となる。ハースト婦人画報社の後任は明らかとなっていない。

 ブゴン新社長はパリ政治学院を卒業し、パリ第9大学で国際ビジネスを専攻した。2004年にアシェット婦人画報社に参画。06年から社長兼CEOに就任し、同社が11年にハースト社の傘下に入り、ハースト婦人画報社になった後も社長兼CEOの職を引き継いだ。その後、14年には東アジア地域を管轄するシニア・バイス・プレジデントへ昇格した。

 ブゴン新社長はデジタル環境の整備に尽力し、「エル・ジャポン(ELLE JAPON)」のファッション通販「エル・ショップ」を始めとするeコマース事業の成功に大きく貢献した人物で、5つの雑誌と9つのデジタルメディアも誕生した。さらに、06年時点では2%しかなかったデジタルビジネスの収益を40%までに引き上げた実績も有する。

 「私は常に出版事業やメディアに情熱を注いできた。この業界の成功の陰には常に人がいて、これから参加するチームも才能豊かな集団であると確信している」とブゴン新社長は語った。

 一方でジョナサン・ニューハウス(Jonathan Newhouse)コンデナスト・インターナショナル(CONDENAST INTERNATIONAL)会長兼CEOも「豊富な経験を有し、出版業をデジタルなどを駆使して現代化することに成功した人物」と歓迎のコメントを発表した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら