ニュース

ハーストがウェブ版「エスクァイア」を国内ローンチ

 ハースト婦人画報社傘下のハースト・デジタル・ジャパンが22日、新メディア「エスクァイア・デジタル(ESQUIRE DIGITAL)」をローンチした。メンズ メディア グループを統括する大槻篤が編集長に就任する。

 2017年5月に発足したメンズ メディア グループの媒体として、本国「エスクァイア」の強みを生かした政治やカルチャーなどのコンテンツに加えて、日本独自のファッションやグルメ、クルマといったコンテンツを扱う。“マーベリック(革新的)”という本国でのコンセプトを踏襲し、毎月“異端児”と呼ばれるような人物をフィーチャーするもので、初月は野村萬斎を取り上げるという。

 メンズ メディア グループは「メンズクラブ(MEN’S CLUB)」や「メンズヘルス(Men’s Health)」など5つの男性向け媒体を擁する。「エスクァイア」は、これまで同グループで「エスクァイア・ザ・ビッグ・ブラック・ブック(Esquire The Big Black Book)」として年2回発行されている状況だった。「エスクァイア・ザ・ビッグ・ブラック・ブック」は今後も継続するが、同じグループにあるウェブメディアの「メンズプラス(MEN'S +)」は「エスクァイア・デジタル」 に統合される。