ニュース

ハーストがフィットネスメディアの日本版創刊

 ハースト婦人画報社は、フィットネスやウェルネスなどのヘルシーなライフスタイルを届けるメディアブランド「ウィメンズヘルス(Women’s Health)」と「メンズヘルス(Men’s Health)」をデジタルメディアとしてローンチする。

 「ウィメンズヘルス」は今夏にサイトを立ち上げる。これを記念して、5月27日発売の「エル・ジャポン(ELLE JAPON)」7月号には別冊付録として登場する。「メンズヘルス」は本日21日から、メンズのライフスタイル総合サイト「メンズ・プラス(MEN’S+)」内の1カテゴリーとして、まずはスタートする。両メディアは、アメリカの出版社であるロディルとライセンス契約を結び、ハースト婦人画報社の100%子会社であるハースト・デジタル・ジャパンがオペレーション業務を行う。

 両メディアは、読者がそれぞれ抱く目標に対して、現状から一歩を踏み出す原動力やインスピレーションを与えることが特徴。これから運動を始めたい人からフィットネスの上級者までの、健康に高い関心を持つ読者をターゲットに、日々の生活に変化をもたらすヒントを届ける。

 ハースト婦人画報社取締役副社長兼ウィメンズヘルス発行人のニコラ・フロケ(Nicolas Floquet)氏は「東京オリンピックまであと3年となり、スポーツへの関心が高まっている。『メンズヘルス』と『ウィメンズヘルス』を通じて、楽しく体を動かし、心身が健康になる情報をスタイリッシュにお届けし、世界同様、日本でも愛されるメディアに育てて行きたい」とコメントした。

 「メンズヘルス」は1988年にアメリカで創刊。雑誌は世界64カ国で38エディションを発行しており、デジタルメディアは27カ国で2210万のユニークユーザーと2350万のSNSフォロワーを抱える。「ウィメンズヘルス」は2005年に「メンズヘルス」の姉妹誌としてアメリカで創刊。雑誌は世界54カ国で28エディションを発行し、デジタルメディアは23カ国で1250万のユニークユーザー、1700万のSNSフォロワーがいる。

【関連記事】
■講談社がIT企業と提携 新キュレーションメディアを立ち上げ
■「チョキチョキ」が12月に復刊 先だってウェブサイトをローンチ
■「フイナム」女性版スタート テーマはシンディ・ローパーの楽曲