ファッション

「メンクラ」戸賀・前編集長がナノ・ユニバースのメンズ・ディレクターに就任

 ハースト婦人画報社の雑誌「メンズクラブ(MEN’S CLUB)」の戸賀敬城・前編集長が、5月1日付で、ナノ・ユニバース(NANO・UNIVERSE)のメンズ・ディレクターに就任した。今後、“新世代”の大人へ向けたレーベル「ナノ・ライブラリー(NANO・LIBRARY)」などをメーンに商品企画、バイイングなど手掛ける。

 戸賀ディレクターは、ハースト婦人画報社を4月末日で退社したが、同社の「メンズクラブ」「エスクァイア・ザ・ビッグ・ブラック・ブック(ESQUIRE THE BIG BLACK BOOK)」、デジタルメディア「エスクァイア(ESQUIRE)」「メンズプラス(MEN’S+)」「メンズヘルス(MEN’S HEALTH)」の5つのメディアでブランド・アンバサダーとして、引き続きタイアップやイベント出演、ブランドプロデュースなどに携わる。

 ナノ・ユニバースは3月、新しいブランドアイデンティティーを掲げ、ブランドロゴを刷新。エレガントでラグジュアリーな富裕層を取り入れるべく、戸賀ディレクターを招へいした。すでに春夏シーズンから、戸賀ディレクターがプロデュースした大人のためのトラッドライン「ナノ・ユニバース クアトロ ノーヴェ(NANO・UNIVERSE QUATTRO NOVE)」をスタートしている。なお、1月にはウィメンズでも「アミウ(AMIW)」や「バナーバレット(BANNER BARRETT)」のディレクションを務めてきた二ノ宮和佳子を外部ディレクターに起用した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。