ファッション

「メンクラ」戸賀・前編集長がナノ・ユニバースのメンズ・ディレクターに就任

 ハースト婦人画報社の雑誌「メンズクラブ(MEN’S CLUB)」の戸賀敬城・前編集長が、5月1日付で、ナノ・ユニバース(NANO・UNIVERSE)のメンズ・ディレクターに就任した。今後、“新世代”の大人へ向けたレーベル「ナノ・ライブラリー(NANO・LIBRARY)」などをメーンに商品企画、バイイングなど手掛ける。

 戸賀ディレクターは、ハースト婦人画報社を4月末日で退社したが、同社の「メンズクラブ」「エスクァイア・ザ・ビッグ・ブラック・ブック(ESQUIRE THE BIG BLACK BOOK)」、デジタルメディア「エスクァイア(ESQUIRE)」「メンズプラス(MEN’S+)」「メンズヘルス(MEN’S HEALTH)」の5つのメディアでブランド・アンバサダーとして、引き続きタイアップやイベント出演、ブランドプロデュースなどに携わる。

 ナノ・ユニバースは3月、新しいブランドアイデンティティーを掲げ、ブランドロゴを刷新。エレガントでラグジュアリーな富裕層を取り入れるべく、戸賀ディレクターを招へいした。すでに春夏シーズンから、戸賀ディレクターがプロデュースした大人のためのトラッドライン「ナノ・ユニバース クアトロ ノーヴェ(NANO・UNIVERSE QUATTRO NOVE)」をスタートしている。なお、1月にはウィメンズでも「アミウ(AMIW)」や「バナーバレット(BANNER BARRETT)」のディレクションを務めてきた二ノ宮和佳子を外部ディレクターに起用した。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら