ニュース

「無印良品」と武蔵野美術大学が協業 大学敷地内に店舗オープン

 「無印良品」を展開する良品計画は7月18日、武蔵野美術大学と協業した店舗を4月に開校した同大学の東京・市ヶ谷キャンパス内にオープンする。大学キャンパス内への出店は今回が初めて。

 武蔵野美術大学の理念に良品計画が共感したことで出店に至った。「MUJI com 武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス」は、市ヶ谷キャンパス1階の共創スタジオにオープンする。「無印良品」の製品から選んだ食品や日用品の販売に加え、講義などを通して生まれたアイデアや商品を実装、販売する。産学一体での社会課題の解決に向けた実践的活動拠点を目指す。売り場面積は物販スペースが約265平方メートル、カフェスペースが約309平方メートル。

 物販スペース内の「com Studio」では、廃材や端材などの素材や製品パーツを販売する。一般客も利用可能な作業スペースも設けられ、制作に必要な道具や工具もそろえる。一部イベントなどを除き利用は無料。さらに、国内外のピクチャーブックなどを豊富に扱う書店「MUJI BOOKS」を併設する。

 また、武蔵野美術大学と自治体や企業などとの連携で生まれた製品を販売する「Open Marlet」も展開。モノを売るだけでなく、地域住民などとのコミュニケーションのきっかけとなる場を目指す。「Open Marlet」で使用する屋台のデザインは学生から募集し、大賞デザインを採用する予定だ。

 カフェスペースはキャンパス内の学食として、日替わり弁当やサンドイッチなどを販売する。学外の一般客も利用可能。講演やワークショップなどでも使用できる空間となる。

 オープンを記念して参加型イベント「ここから始めよう、みんなの新しい学び舎」を開催する。武蔵野美術大学や「無印良品」の関係者のほか、近隣住民、会期中に訪れた人などに、「学びを通してどういう社会を目指し、100年先の未来のために何をなすべきなのか」に対する考えを書いてもらい、それらを展示する。期間は7月18日~9月30日。

■MUJI com 武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス
オープン日:7月18日
時間:平日 7:30~21:00 / 土日祝 10:00~20:00
場所:武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス 1階 共創スタジオ
住所:東京都新宿区市谷田町1-4